« 近況近況 | トップページ | しみじみとした、あの味ども その1 »

デフレな我が手

ここ数日、手を使って食事をした。
実に久しぶりだったので、なんだか本当の自分に戻ったようでとてもうれしいなぁ、

って、何処の人なんだよ、俺。

一度目は
「たこちうさんたこちうさん、インドではカレーを手でたべるんでしょうーねぇどうやってどうやって」
という馬鹿な青年どもに言葉で説明するのが面倒だったので、つい実演。
「うわ、スプーンで食べるより早いよう」

あたぼうよ、こっちとら手食十数年。

2度目はついーっと見つけてしまったタイ料理屋。
「ウワー、お兄さん、タイ語に切り替えたほうが、なんか、もっとイキキシテるよねェエ」
って、ウケまくりやがるタイ人スタッフども。君たちと一緒にしないでくれたまえ。
「ウヘーもち米、ソムタム、手食、上手ねェー、イサーン(東北タイ)の人みたいカー」
って、ラオ語に切り替えた瞬間、固まってるんじゃないよ!

もち米飯、客に出すときは少し冷やしてから出すように。
いいね!

3度目は、インド料理屋にて。
「タンドリーセット壱!サブジー(野菜の炒め煮)はないのかい?」
「ハンジー!日本人はまだ、カレーほしがるからサブジーはナヒーン。」
「ジャぁ、ダル(豆のスープ)を」
「ハンジー、ところで、ヒンディー語、何処で習ったんですか?」
「ベナレスで。でも、ネパール語のほうが落ち着く」
きみきみきみ、カレーは熱すぎるからもう少し冷やして持ってくるように。

日本では、手食する機会がないもんだから、指先の皮膚が少し薄くなっているようで、
結構熱に敏感だ。

十代の若者のように、敏感でも、よくってよ。

よくってよ。

こうして手食デフレ状態後に、ふと見ると、タンドリーチキンやカレーで、赤黄色に染まった我が指。
石鹸で洗っても、ほのかに香るタイの魚醤のかおりが憎いぜ!

ああ、そばに犬なぞいてくれたらなぁ。
きっと、指によってくるであろう。

ああ!デフレな我が手!

って、こんなことが出来る場所に、今います。
さて、私は何処。

|

« 近況近況 | トップページ | しみじみとした、あの味ども その1 »

「ささやき」カテゴリの記事

コメント

>さて、私は何処。

上野の辺?

投稿: だりさ | 2007/05/17 06:38

「アユタヤ」的名前のレストランの近所?
犬は、油が抜けた毛並みで、あばらがでてて人に無関心なタイプ希望、ですね?

投稿: すずはま | 2007/05/21 11:32

東京じゃあ、ないわよーん。

ないんです。

本日は、「家に帰りたいよう」って駄々こねるマレーシア人に捕まりました。

>油が抜けた毛並みで、あばらがでてて人に無関心なタイプ希望
それは、私みたいで、いやだ。
私は、肥っているけど、ねえ。

関係ないけど、こないだお相撲さんを見ました。
いいなぁ、お相撲さん。アレはただのでぶではなくて、全体が大きいんですねぇ。それにしても、凄い顔のでかさだった。

投稿: たこちーう | 2007/05/21 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近況近況 | トップページ | しみじみとした、あの味ども その1 »