« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

ピラニアの煮つけ moda japonesa

ブラ汁といえば、アマゾンとかリオのカーニバルとか、日本の皆様の頭の中には
それしかないのだろうが、これいうとブラ汁人、がっかりするからなぁ。

「どうせ、お前ら外国人はブラ汁ーっーたら、ジャングルとかインジオとかカーニバルしかないと思っているんだろうが!」

何回、近所のボテキン(安飲み屋)でからまれたことか、茶色い酔っ払いどもに。

でもよーぅ、外国のテレビったら、アマゾンとかリオデジャネイロしか、放送しないんだよ。

霜や雪の降る南部とか
とんでもない沙漠とか
そこだけだったら経済先進国の南西部とか
色々あるんだけれども。

って慰めても、酔っ払いだから、しょうがないよね。
でだ、私のいた南西部ブラ汁の激田舎は農業開発の進んだ場所で、最近では進み過ぎで

牧場の牛とバイオエタノールの原料になるサトウキビ畑

しかないので、テレビ番組としては、まったく絵にならないだろう。

青い空緑の地平線牧場の白い牛

という風景が何百キロも続くだけですからねぇ。
やっぱり、アマゾンとかリオデジャネイロとか、見栄えのいい場所に行くでしょうねぇ、映像関係者は。

でも、住めばいろいろあるのよ、この田舎にも、例えば野生動物とか。
カピヴァラとかアンタ(獏の一種)とかトッカーノ(サイ鳥の一種)とかタトゥ(アルマジロ)とか。

で、川にはもちろん、いますピラニア。

続きを読む "ピラニアの煮つけ moda japonesa"

| | コメント (0)

望郷、帰郷、ああモコト

って、帰国した。

空気が湿ってて、水の中みたいだ。

牛度、0。

本日は、忘れないうちにあれのことを書いておこう。
モコト。
あ、体の重いサイボーク女のことじゃないから、ってそれは素子、はいはい。

続きを読む "望郷、帰郷、ああモコト"

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »