« アジア漫画やイラスト紀行本が全面的にノビ太なのはいったい | トップページ

もろびとこぞりて

久しぶりに会った友人から
「もうブログ書かないんですかぁ」
と聞かれ、ブログのことを思い出し、ああ、最後の記事が8年前ですか。
じゃ、ちょっと、書いてみようかな。
日本のとある地方都市で暮らしていたときの、こっぱずかしい記憶から。
住んでいたのは、ほんとーにどうでもいいような日本の町で、寂れた駅前商店街で仕事帰りによく買い物をしていた。
私はこのころ、「つやーく」という、言葉を別のものへ瞬時に変換する素敵に機械じみた仕事で糊口をしのいでおり、時折、頭の中がいろんな言葉で混乱していた。
ちなみに、3時間以上連続でこの作業をすると、「イー!使われたっ!」っていう、ちょっと荒涼とした精神状態になるよ。
ある日もまた、私は「つやーく」仕事帰りで、とても疲れていた。
で、商店街の肉屋さんで豚小間100グラムを買い求める際、つい
「お客さん!じゃ、豚肉100グラムにベーコンね?」って聞かれて、
「Er...YES!」
って答えてしまい、こいつはなんなんだ、ってあたりはびみょーな空気に。
地元の店で「YES!」かよ。
もろびとこぞりてかよ。みんな笑いに来るよ!
こっぱずかしかったなぁ。
あれからはや数年が過ぎ、もう、あの仕事はしていないけど(ついでに違う町で違う仕事についてるけど)、いまだに外国人に間違われることがあるので、
十二分に気を付けたい。
って、どこのひとっておもわれてるのかしら。

|

« アジア漫画やイラスト紀行本が全面的にノビ太なのはいったい | トップページ

「ささやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アジア漫画やイラスト紀行本が全面的にノビ太なのはいったい | トップページ