南アジア

幻のシッキムかつ丼2

せーんじつは、某有名牛丼屋(アメリカ肉にこだわるところ)で、韓国風雑炊風牛丼を食べた。
私はここの丼物ものがあんまり好きでないんだが、あなた、韓国・朝鮮料理屋で700円くらいする料理がワンコイン以下、の値段ですものねぇ。

これは食べなきゃ。

結論から言うと、かなり良くできた丼でおいしい。
クッパ、と名前が付いてるが、汁はすくない。でも元が牛丼屋の料理だから、仕方がない。
個人的には、キムチ以外にゴマと海苔、白ねぎのトッピングがあったら、かなり嬉しいが、まあ、いいや。

大盛りで満腹になり、口がキムチくさいのが何とも幸福だが、その実、さらに軽くうどんとか食べてやろうか、と考えている自分がいる。

そう、私がハンバーガー屋とかこの手の店で食事をしないのは、この、胃袋は満杯にもかかわらず常に残る、なんだかかわからない空腹感のせいだ。
おそらくはー、こういった店の食事は完璧な品質管理のせいで、味や質感に、なんというか、おいしい味をあいまいに作るマージンみたいなものがないからなんだろうなぁ、と考えてみる。おいしさは、理由がよくわからないから、秘密においしいよね。

でだ、「シッキムかつ丼」はマージンありまくりで、正直言ってあれをかつ丼、と呼んでいいのか、10数年たったいまでも判断に苦しむところだ。

続きを読む "幻のシッキムかつ丼2"

| | コメント (0)

帰れない人々、あるいは帰還不能の場合2

「ダライが帰ルまでは、帰らん、ノです」
ひどいチベットなまりのネパール語だが、聞き間違いではなかった。
頭に回した三つ編み髪にターコイズブルーの耳飾り。
チュバこそ着ていないが、汚れた緋色のジャンバーがやはりチベット人好みで、
日焼けしてしわくちゃの顔に映える、初老のじいさん。

アンナプルナ周回路の村、ピサンでのことだ。

続きを読む "帰れない人々、あるいは帰還不能の場合2"

| | コメント (0)

幻のシッキム・カツ丼(1)

みなさーん、みなさんはぁシッキムっていう場所をしってーいますかーぁ!?

って、ま、最近は入りやすくなったようだから、結構バックパッカーの皆さんは茶所ダージリンからちょっと足を伸ばして旅行するようで、世界の秘境、てぇほどの場所でもなく。

シッキムは、ブータンとネパールの間に挟まれたインドの1州で、もとはチベット系の王国だった所。

チベットフリークの人が
「やーん、ラサとかラダックとかブータンみたいな、チベット差加減が素敵かしら!」
って、そのノリで行くと間違いなく地の果てまで、ガッカリする場所だと思うわ。

なにせ、遠望できる五宝珠山を除けば、日本の九州の山岳地帯にそーっくりのひたすら湿っぽい場所で、しかも米どころ。別名は米の谷。住民もチベット系や東ネパールのモンゴロイド系ばかりで、日本の田舎町にいるのとあまり変わりなく、どういうわけだか、この10年の間に私は数回かよった。

入域には許可書が必要で、しかも2週間が限界(最近は許可書申請も延長も、州境でできたりと簡単に可)何が面白いのか、ちーっともわからないが、癖になる場所である。片田舎の州都、ガントクも最近では結構「街」のてーさいを整えてきて、「ビカッシュ・バイサッキョ(発展したよ!て意味のネパール語ね)」って、気取ったダージリンの人たちから馬鹿にされることがなくなってるようだが、まだネパールのカトマンズみたいに垢抜けた西洋料理屋や日本食屋は現れていない。

だが、私は10年ほど前にこの街で、カツ丼、を食べたことがあるのである。
でも、あれは本当にカツ丼だったのか、今考えると少し妖しい気持ちになってくるので、
ちょっと書き残しておく。

続きを読む "幻のシッキム・カツ丼(1)"

| | コメント (2)

Wanna be your AVATAR!

ついに、このブログサービスにも

アバター(分身)

ってーのが登場したようで、これがまたかわいらしいお人形さんの
デザインしかないようだ。

いいのかなぁ、世の中にはいろいろな人がいるのに。

で、こういうアバターなら、つけてもらっても、よくって、よ。

続きを読む "Wanna be your AVATAR!"

| | コメント (0)

しみじみとした、あの味ども 3

さ、この一連もサクサク終わりましょうかね。

つぎは、いつ更新するか、わからないしねぇ。ふふふ。

しみじみ in the spring of 2006, Sikkim, India
----------------

続きを読む "しみじみとした、あの味ども 3"

| | コメント (0)

しみじみとした、あの味ども 2

あんまりしみじみしてしまって、もう1カ月近いよね、最後の書き込みから。

しみじみショーっク!

最近は、何もかもが、しみじみなんだよ。
入梅したことだし、チャイがうまいよね。てなわけで、去年、インドで書いた雑文から。
―----------------

続きを読む "しみじみとした、あの味ども 2"

| | コメント (2)

帰還不能、の場合

桜が満開。
今年の桜は、って、去年の桜を見てはいない。
では、去年の今頃は何をしていたか-

上ミャンマーで乾燥と暑さの余り鼻血を出しながら、自転車に乗って遺跡めぐりをしていた。
2005年晩秋から2006年初夏までの、インドから東南アジアを巡る、楽しい旅行だった。

その旅行から戻ってからは、ずっと日本国内にいた。
時折、日本の色々なところに行ったが、大部分は、怠惰に、金もなく、壊れていた。
時に、あのまま旅を続けていれば、と空想をもてあそぶこともある。
気に入った場所で、パスポートも捨てて、身分を偽って暮らしてみたら、と戯れに考えることもある。

そうすると、ふと思い出す。
あの、なんともいえない、ダージリンでの光景を。
帰れない人のことを。

続きを読む "帰還不能、の場合"

| | コメント (0)