南米

メーソンさんちの母の日の一件について

先日、5月9日は母の日で、やっぱマンマミーアのラテンの国としては、

刑務所の模範囚人は期限付き恩赦で、おうちでまったりときおりオリには戻らずー、
とか
ニケーの人々はニケー会館にて母の日の催しを寿司で祝ったり、

何かと、大変なようだ。

「センセー(私は教師ではないが、なぜかこのあたりのニケーの人々は私をこう呼ぶ)、
日本にも母の日はあるのかしら?」

という質問には胸を張って

「はいーありますありますでもこういう行事は割と最近日本人にも知られるようになったばかりで
これにかこつけてプレゼントとか商売人がモノを売るわけですねぇー商業主義、っていうものですよ」

と母の人々の喜びを全面的に平たくしてしまうようなことを、言ってしまう。

そういうわけで、母の日は関係なく、と思いきや、とあるご飯会に呼ばれてしまった。

「せんせーひまー?ちょっと私の知ってるアソシエイションで母の日の焼き肉会があるんだけどー」

ひまなので、いってみることにした。

続きを読む "メーソンさんちの母の日の一件について"

| | コメント (0)

ここでもそこかしこに壊れている私

まずは、牛ネタから。
お友達のだりささんのラウンジにも書き散らしてるんですが、最近、
生活の牛度が足りないんですよ。あ、いや、食べるんじゃなくて、鑑賞する方ね。

で、あんまり足りなくなると気持ちも不安になったりするもんですから、毎日やってるテレビの「農業チャンネル」の「牛の競り番組」を見て、身もだえしてたりするわけで。

おおぉおおーん、た、たまらない純白のさ加減!

とか、ソファーの上でね。頭抱えながら。

一番種類が多いのは、やっぱインドコブ牛なんだけど、ここのは食肉用だから、あなたまぁ、肉付きが良くって。
インドあたりのやせ牛とは毛並みが違うざーます!

でもなぁ、すりすりはさせてくれないんだよなぁすりすりは。

そんなわけで、写真はミャンマーの牛。
すりすり、させまくり。
なんてユルイやつ!
続きは本文で!

で、田舎では、相変わらずこんな壊れ方なんだけど、都会でも壊れてたので、紹介するかな。

続きを読む "ここでもそこかしこに壊れている私"

| | コメント (5)

町は文字に囲まれてって、案外幸福でないのかしら

Kapivara_2
現在、いつもの腐れ超絶田舎とはおさらばして、かなり離れたブラジル南部の大都市に滞在ちう。

ああ!神様!ここは同じ国じゃないのか!
なんだ!この!金髪の群れは!

ブラジル南部はドイツやポーランド系の移民が多いため、何がなんだか、全体的にヨーロッパ色がつよい感じだ。サンパウロ州から北でよく見かけるアフリカ系や混血で色黒の人々をほとんど見ることがないのが、なんだか、とても新鮮である。
ちなみに、ニッケーや東洋系もほとんど見ないので、本当にヨーロッパのどこかの町に滞在しているような気持ちになってくる。標高も800メートルと高く、曇り空の辛気臭い天気が続くのもまた、どこぞの島国のようであるなぁ。

でも、でもでもでも、先日はしっかり台湾人のやっているレストランで
「あんた!日本語でメニューかけるアルな!日本語のメニューでお客くるアルな!」
って、しっかり翻訳させられて、自分の限界を感じているところだ。

で、そんなことはさておき、都市に滞在して何が超絶田舎と違うかというと、それは視覚的な情報の量だ。
簡単にいえば、看板とか標識とかチラシとか、都市は文字情報であふれている。

すごいなぁ、ココンとこ、ウシと牧場しか見てなかったからなぁ。

というのが、夜行バスに揺られて久しぶりに見た大都会の感想である。
現在は、「あの」くそ田舎に帰る前に、文字情報で整備された空間を十二分に楽しんでいる。
ヨーロッパ的だけあって、あまりおしつけがましくない看板とかは、なかなかに好ましい…のであるが、とんでもなく不親切な表示も多々あったりして、つい、日本のことを考えてしまう。

あの、「文字マントラ空間」日本のことを。

以下は、過去に「だりさ」ページに書き散らした雑文から抜粋。
時期は冬。東南アジアから帰国してそう、時間がたっていなかった頃のこと。
―――――――――――――――――――――――――

続きを読む "町は文字に囲まれてって、案外幸福でないのかしら"

| | コメント (0)

なにをいっても歌っても、さあ荒野は荒れ野

こはブラ汁南東部の某州最奥地。

「日本人は外出するだけでワンタッチに、射・殺・ラブリー!」の大都市とは違い、

数キロ四方素敵に牧場隣の家は2キロ先友達は家畜のみ!
という素敵すぎさ加減。私は10分に1度しか車が通らない牧場道をなぜか自転車で職場に通勤しているが、

「ああーん、雄大な大地!でっかいどうほっかいどう」

って誰だこんなしょうもない洒落考えたのはぁあ!これ見てからいえよ!これは通勤路ですかぁあ?!これが通勤路ですかぁああ!ってしくしくしくここはどここぉおおおお!」
って、ペダルこぎながら毎日、怒髪天なのである。

続きを読む "なにをいっても歌っても、さあ荒野は荒れ野"

| | コメント (3)

ちくしょう!また消えやがったぜ!

さっき、素敵な南米暮らしについて、素敵すぎる記事を書いたが、送信中に消えてしまったようだ。
ちくしょう!いろいろ書いたのに!

素敵すぎる日系人の毎週カラオケ大会の話とか!

悪口は、やっぱ、いけないよねアミーゴ!

チャーオ!
しくしく。

| | コメント (4)

いわゆる、外に出るな、の一件について

あにょーう、気がついたら南米某国にいるんですけど・・・
ア○ゾン書店の本店がある、って同じなのは地名だけだぁあああ!

そりゃ、海外勤務を希望してしたよ。
でも、これはちょっとないんじゃないの。

続きを読む "いわゆる、外に出るな、の一件について"

| | コメント (3)